Sample Image

「プラセンタの原料」

プラセンタは動物の胎盤から抽出できるものです。
市販化されているものだと主に豚や馬がよく使われています。
一番効果が実感できるのはヒトですが、注射でのみ摂取することが可能です。

プラセンタの原料は植物、人、豚、羊、馬などいろいろな種類があります。
以前は牛のプラセンタというものがあったようなのですが、狂牛病の影響で今は残っていないそうです。
特によく使われているのが豚のプラセンタで、美容や健康に効果があるものはほとんどのが豚のプラセンタと思って問題ないと思います。
豚のプラセンタは低価格で消費者としても購入しやすいものが多いです。
また、プラセンタの中で効果がでにくいのも豚のプランタといえます。

馬は豚の3倍近くアミノ酸http://www.sportsradio1420.com/が多いので豚よりも効果を実感しやすいです。
豚でも充分効果を実感する人もいますが、余裕がある人は馬に変えてみると良いでしょう。
豚の次に購入しやすいのが馬なので、馬のプラセンタも豚に続いて量が増えてきました。

羊は豚や馬に比べると人間になじみやすいといわれているので、効果も実感しやすいそうです。
ただ、羊のプラセンタを扱っているメーカーは少ないですね。
そして値段も高めに設定してあるので購入しにくい人もいると思います。

人のプラセンタは注射のときのみ摂取することができます。
一番効果を実感できるのはやはり注射です。
売ってすぐに体に変化が表れる人もいるくらいですから、それだけ効果を実感しやすいので値段も高いです。
一度注射を打つと献血などが一切できなくなってしまうので考えてから打つようにしましょう。

植物性のプラセンタは成長因子が含まれていないため、効果を実感しにくい人がほとんどのようです。
ただ、臭いがきつくないので植物性を好む人も結構います。
動物性のものは臭いがきつい場合もあるのでまずは確かめてみると良いでしょう。
植物に胎盤は存在しないので植物性のプラセンタがあること自体疑問視されているのですが、人間に必要な栄養分は含まれているので
まったく効果がでないというわけではありません。
初めてプラセンタに挑戦する人は、豚や馬から始めるとよいでしょう。
慣れてきたら色々と試してみるといいですよ。
プラセンタの成分についてはこちらhttp://pollground.com/index.htmlに詳しく載っています。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 プラセンタの効果とは? All Rights Reserved.